<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本州最東端 トドヶ崎へ その3

e0145593_2127522.jpg

続き。

うっそうとした感じではなく、割と風通しのよさそうな広葉樹林、松林が広がっているのです。新緑の頃で、とても心地よく、…と言いたいところですが、それどころではなく、まだか、まだかと、目的地到着を願い、黙々と歩き続けるのでした。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_2128566.jpg

出発から約1時間、やっとゴールを示す立札を発見~♪
長かったけど、ようやくたどり着いた~。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_21282179.jpg

視界が開けて、断崖が現れました。目の前に広がる太平洋だぜぃ~♪

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_21284074.jpg

本州最東端の碑と、魹ヶ埼灯台です。

たどり着いてしまえば、何ともないのですが、やはり初めての場所、そしてクマの恐怖、ここまでの達成感は格別ですね。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_21285110.jpg

ちなみに、この日の気温11℃。盛岡だと昼間は半袖でも過ごせるような陽気でしたが、さすが三陸はまだまだ寒い、そんな感じです。まあ、ハイキングするには暑くなくて、むしろ快適でしたね。雨に降られることもなく、風もそんなに強くなく、といったところでした。
個人的な感想ですが、ただ単に、クルマで乗り付けて行けるような場所でなく、やはり少しの苦労を伴うような場所であるからこそ、たどり着いた時の達成感とか、そういうのを感じますね。いや~、挑戦してよかったと、心からそう思いましたね。めでたし、めでたし。



まとめです。

宮古市街地から、国道45号~県道41号を通って、姉吉キャンプ場まで、クルマで大体1時間弱(道中は、案内標識等あり)。

キャンプ場の駐車場にクルマを止めて、漁港脇から約3.8kmの遊歩道。最初の700mぐらいまでは、かなりしんどい上り坂。それ以降は比較的緩いアップダウンの繰り返し。路面状態は、入り口付近を除けば、ほぼ良好。途中には案内標識もあり、またほとんど脇道等もなく、一本道なので、まず道に迷うこともないでしょう。

注意点として、宮古市のHPなどでは、クマ出没に関する注意喚起がなされています。入山に際しては、あくまでも自己責任で…。



なお、岩手県宮古市、山口県下関市、和歌山県串本町、青森県大間町で構成する本州四端協議会がやっている、「本州四端踏破ラリー」ってのがあって、四端を踏破すると、証明書などがもらえますよ~♪

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-31 18:00 | レポ

本州最東端 トドヶ崎へ その2

e0145593_22451285.jpg

続きです。

遊歩道に入ってすぐは、歩道が流されたのか?こんな感じで石がゴロゴロと険しい感じ。
この先、大丈夫か…と、不安になりますね。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_22453041.jpg

しかも、上を見上げたら、高い木の枝には、引っかかった漁網が。あんな高いところまで、津波が到達したのかと、改めて恐ろしくなりますね。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_22454936.jpg

更に登っていくと、遊歩道のそばに、こんな立札が。ちなみに、上の写真の山火事注意の赤い横断幕から、更に高いところあたりです。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_2246923.jpg

結構な急坂。特に、最初の700mぐらいはずっとこんな感じで、普段運動不足の自分にとっては、泣きたくなるぐらい相当ハードです。

ちなみに、この辺から先は津波の影響を受けていないみたいですので、路面状態はほぼ良好です。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_22462655.jpg

300mぐらい進んだところでしょうか。随分と急坂を登って、眼下には姉吉キャンプ場の駐車場(写真中央あたり)周辺が見えます。上から見ても、ほんと何もかも流された、そんな感じがしますね。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_22463792.jpg

ようやく1km。まだまだ先は長いのですが、このあたりからは、傾斜は比較的緩やかなので、あとは根気と、勇気と…ですね。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_22464852.jpg

新緑のころ。木々は美しいのですが…。


そういえば、宮古市からは、クマ出没注意の情報ありです。一応、確認した限りでは、ここの遊歩道での目撃情報はないみたいでしたが、同じ重茂半島内の他の地区では被害情報もありますので、ここでも遭遇する可能性は十分あります。

私は、この情報を確認しておきながら、結局一人で、そしてクマ除けのアイテムなど何も持たずに行きましたけど、段々と進むにつれて、周りには誰一人いないし、そして心細くなってきて、ものすごい恐怖。いかにもクマが出てもおかしくないぐらいの雰囲気ですしね~。

万が一遭遇したらどうしよう、その恐怖感たるや、半端じゃありませんでした。まだまだ道のりは遠いですし。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_22465798.jpg

ようやく、半分あたり。帰りたいけど、帰れない。でもこの先も、まだまだ未知の領域ですし。そして、とにかくクマの恐怖がぁ…(涙)

続く。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-30 18:00 | レポ

本州最東端 トドヶ崎へ その1

e0145593_21451515.jpg

本州最東端、岩手県宮古市の魹ヶ崎(とどがさき)を目指して…。

ちなみに、本州最北端、青森の大間崎には2008年10月に行ってます。その時の記事はこちらね。どうせ岩手に行くなら、最東端を目指そうと思い立ち、チャレンジしてみました。なお、最西端の毘沙ノ鼻は、自宅から車で40分くらいなので、楽勝。あと問題は、最南端の潮岬だが…。まあそれは置いといて。

朝、レンタカーを借りて、盛岡から宮古までが大体2時間ぐらい。そして宮古の市街地から魹ヶ崎への入り口である、姉吉キャンプ場までが約1時間。更に、そこからクルマを止めて、約3.8kmの遊歩道を歩くこと1時間。ようやくたどり着くことができる秘境なのです。

なお、宮古市街地から姉吉キャンプ場までの道のりは、国道45号は問題ないのですが、途中から入る県道41号がね。途中、津波の影響と思われる脆弱な区間、復旧工事中の区間もありますし、そもそも道幅は2車線ない区間も多く、アップダウンの多い、なかなか険しい山道でして。道に不慣れな旅人には、そこから結構ハードです。

そしてたどり着いた、姉吉キャンプ場。キャンプ場といっても、おそらく津波で流されたのでしょうか?なにもない場所に、ただ駐車場があって、仮設のトイレが設置されている、そんなところです。

写真は、その駐車場から、漁港方面を見たところ。がれきなどは撤去されているのでしょうね。なんもない更地のような状態。ある程度の高さから下は、木も生えていない。津波の恐ろしさを感じますね。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_21453044.jpg

駐車場の入り口にある、立札。ここから漁港に下っていくと、遊歩道の入り口があるらしい。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_21454412.jpg

漁港に向かう道路。殺風景ですね。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_21455726.jpg

その横に目を向けると、何やら道路が流されて、寸断されたままの状態。
まだまだ、現実は復興の道半ばといったところでしょうね。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)

e0145593_2146615.jpg

歩くこと200mぐらいでしょうか。漁港脇にある、遊歩道の入り口へ。ここから3.8kmの、長く険しい探検が始まります。

続く…。

(5Dmk3+EF17-40mmF4Lで撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-29 18:00 | レポ

岩手へ

e0145593_2165511.jpg

福岡→伊丹にて。徳島市上空。吉野川の河口。

(5Dmk3+EF70-300mmF4.5-5.6DOISで撮影)

e0145593_217746.jpg

伊丹→花巻。濃尾平野上空。揖斐川、長良川、木曽川。

(5Dmk3+EF70-300mmF4.5-5.6DOISで撮影)

e0145593_2171712.jpg

手前は御嶽山。真ん中が木曽山脈(中央アルプス)。奥に見えるのは赤石山脈(南アルプス)ですね。

(5Dmk3+EF70-300mmF4.5-5.6DOISで撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-28 21:14 | 空中散歩

STM 揃い踏み

e0145593_14212158.jpg

RebelSL1の出来が良かったので、ついでにEF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STMを導入してみたのですが、ふと気が付いたら、我が家には現在発売されているキヤノンのSTMレンズ5本全てが揃ってしまいました~。いや、別に狙ったわけではなく、たまたまです(笑)
左から、EF-M 22mm F2、EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS、EF 40mm F2.8、EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS、EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS。こうしてみると、フルサイズ対応は40mmパンケーキの1本のみ。逆にEOS Mだったら、マウントアダプターを使ってすべてのレンズが使えますね。

STMレンズですが、一番のメリットは、AF時の動作音。特にリードスクリュータイプの方は、ほとんど音がしないし、AFもなめらかでそこそこ速いです。これは動画撮影時のAF(=KissX6iから搭載された「動画サーボAF」)では、絶大な威力を発揮します。まあ、動画はお遊び程度にしかとらないですけどね…。

e0145593_14213368.jpg

おまけ。お散歩がてら撮影。こういう被写体では、USMレンズの方が瞬発力があって、撮りやすいかも。

(RebelSL1+EF-S18-135mmF3.5-5.6ISで撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-19 14:43 | 機材等

香港風景2013 その23

e0145593_22224813.jpg

見上げた風景に、都会の日常を見た。

(5Dmk3+EF24-70mmF4LISで撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-17 22:24 | 香港

香港風景2013 その22

e0145593_21373038.jpg

尖沙咀のビル群と、スターフェリー。渡る風が気持ちいい。

(5Dmk3+EF24-70mmF4LISで撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-15 21:39 | 香港

車窓から緑

e0145593_22243560.jpg

こないだまでずっと、5D3に24-70F4Lの組み合わせとかで撮ってて、これはこれで、カメラ本体の性能も素晴らしいし、レンズ自体も十分すぎるぐらいの性能だし、非常に快適に撮ってたのです。

しかし、久々に使ったKiss(ほんとは違うんだけど、Kissってことにしておく)。例えば、先日の「きんぎょ」の写真とか、5D3使ったら、もっと簡単に撮れる、たぶん。でも、Kissの方が面白いんですよね。単純に、新製品だから新鮮ってのも、もちろんある。でも、なんだろう、ボディの軽さ、撮影の気軽さとか、あとAF精度はやっぱり初級機ですから、ある意味、簡単には思い通りに撮れない、例えばMT車を操る感覚に近いのかも(フィルム時代のMF機ほどじゃないので、この例えは既に変かもしれないが…)。

ボディの軽さと相まって、単焦点レンズが面白いですね。ウチにあるやつだと、24mmF2.8IS、35mmF2、40mmF2.8、50mmF1.4あたり。ちなみに35mmは、旧型のが可愛くって、断然お似合いです。

(RebelSL1+EF35mmF2で撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-14 23:05 | 葉っぱ

きんぎょ

e0145593_22211956.jpg

こないだ、子供ととあるホームセンターに買い物に行ったら、金魚もらっちゃいましたので、飼育中。

(RebelSL1+EF50mmF1.4+エクステンションチューブEF12IIで撮影)
[PR]
by hot_coke | 2013-05-11 15:07 |

EOS REBEL SL1

e0145593_21594530.jpg

接吻よりも反逆者ってことで…(笑)

EOS REBEL SL1(日本名:Kiss X7)が我が家にようやく到着しました。
あ、最初に言っておきますが、個人的には、別にKissっていうネーミングに対して、別に批判的でもなく、むしろ微笑ましくって良いネーミングだと思っております。ただ、どうせ買うなら、人と違うモノを…ってのが基本スタンスでして(笑)

今回は、発表と同時に一目惚れしてしまって、即予約してしまいましたが、日本よりも発売が遅れたようで、本日ようやく、遠路はるばるNY(B&H)から飛行機に運ばれて到着しました~♪

e0145593_2131279.jpg

REBELの箱は、何だか挑戦的でクール。かなり格好いいですね。日本でも、この路線の方が男性受けしやすいような気がしますが、逆にメーカーは、Kissは女性向け、男性は中級機以上を…ってスタンスで、買わせようと仕向けているのかもね(笑)

ちなみに、昨今の円安傾向で、逆輸入しても価格的なメリットは全くなし。しかも保証は、USA & CANADA ONLYという状態でして。かなりリスキーだったりします。

e0145593_2132216.jpg

そして、いよいよご対面~♪
第一印象は、とにかく軽い。一眼レフとしてはものすごく軽い。おもわず笑ってしまいました。そしてその軽さに、久々にワクワクしました。何だろう?今までになかった感覚ですね。

これは、かなりヒットの予感です。
[PR]
by hot_coke | 2013-05-07 21:31 | 機材等


本州最西端、下関から・・・


by hot_coke

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

AS YOU WISH ...
銀[family]塩
吉備の国ダム巡り
N's Photo
DIGITAL ANAL...
タイの自然と風景
EOS と kotodaddy
普通時間~happy p...
N0_Name Photos
kogumaNote
気ままにPHOTO
EOS PHOTO
けいすけの写真
to be natural
Sippo☆のネイチャー...
つのるくんの「日々是好日!」
花ごよみ山ごよみⅡ
~写真の在る生活~
photo nova six
ファインダーを覗けば・・・
世界のツナ缶を食べたいブログ

外部リンクなど

カテゴリ

全体

鉄道
航空

風景
街角
花・虫
葉っぱ
海外旅行
香港
ニューヨーク

動物
スタバ
グルメ
イベント
家づくり
小物
いぬ
レポ
宇宙
空中散歩
機材等
独り言
関門海峡
S660
OMEGA
未分類

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
30代

画像一覧